デザインの出前、始めます。

2019年12月14日|土曜日|BLOG, INFOMATION

 

「なぜ、これを今つくる必要があるのだろう?」

 

とりあえず、会社案内。

とりあえず、WEBサイト。

とりあえず、名刺。

 

ご依頼いただいた方法、

本当にあっているのでしょうか? 

最近、なんとなく会社の雰囲気がよくない。

起業してみたものの、

あまり周知されていない気がする。

品(サービス)に自信はあるけれど、

どういったアプローチがいいのか見つからない。

ブランディングというフレーズはよく耳にするけど、

具体的にはよくわからない。

etc…

 

そんな時は呼んでください。

 

課題解決の方法が浮かんでいない、

漠然とした状態でかまいません。

 

 

何をつくればいいのか?

何を変えればいいのか?

そもそもつくる必要があるのか?

 

モノやコトを

実際に見せていただき、

その場で、何かしらの方向性を

ご提示したいと思います。

 

例えばそれは、

岸から指示を出すのではなく、

一緒の船に乗り込むイメージです。

 

「デザインの出前」

 

興味ある方も、ご質問ある方も、

ご連絡お待ちしております。

広告をつくる4

2019年12月4日|水曜日|BLOG

「おいしいだけ」では客がこない。

 

 

最近、そんな記事を目にしました。

 

これは、デザインにもいえると思います。

 

サブスクで購入できる、そこそこ高クオリティーの素材を使えば

誰でも、ある程度のデザインができてしまいますので

(もちろん、ある程度、と強調しておきます。)

「デザインがうまい」だけでは、高いお金を払ってまで

依頼されなくなるということ…かなと。

 

飲食でいえば、ここまで業界全体が評価しつくされると

ほとんどの店が「おいしい」店になってくる…

 

逆に、味はそんなでもないけれど

なんだか流行っている店もありますよね。

そんな店はやはりニッチなアプローチをしていると感じます。

しかも極端なくらい。

 

ますますあらゆる業種で、付加価値をつくる取り組み

「ブランディング」が必要とされてきているということですね。

 

WOWSとしても

より大きな付加価値を提供するために

デザインだけでなく、ビジネスの視点からも

努力してく必要をひしひしと感じる昨今です。

 

 

 

 

 

広告をつくる3

2019年11月27日|水曜日|BLOG

「人生会議」という取り組みについての

啓発ポスターが話題になっています。

 

簡単にいうと、死ぬ前に自分の死に方や想いについて

親しい人に伝えておこう、という取り組みなのですが

啓発ポスターのアプローチが不謹慎だ、と。

 

…確かに、実際現場に貼りづらい気がします。

 

“どう生きるか”を必死にさまよっている方に対して、

「それより、その死に方、後悔しない?」

といってる様なものなので。

 

ただ、広告をかじっているものからすると、

ここにたどり着くのも、わからなくもないです…

特に日本では、

「死」についての議論ですら縁起が悪いとしてタブー視されがちな中、

「POP」なアプローチでブレイクスルーを狙うこと自体は、理解できます。

正攻法すぎると、それはそれで見向きもされないですし。

 

もちろん、日本のどまん中の組織がやっちゃったのは、あれですが…

 

高齢化の波がとめどなく押し寄せる中、

どう死ぬか、もとい、死ぬまでどう生きるか、

というテーマは避けては通れません。

 

葬儀業界もしかり。

 

広告の変化の一端を

予感させるニュースでした。

 

 

MATSUOKA WEB

2019年10月16日|水曜日|BLOG

MATSUOKA&CO.,Ltd.の

VI計画担当させていただきました。

 

代表のキャラクター同様、

シンプルで合理的かつ骨太なサイトに

仕上がっております。

 

https://www.ma2oka.co.jp

 

WOWS|岐阜のデザイン事務所「ワウズ」

〒502-0065
岐阜県岐阜市長良森町1-10 La・Sala 1D

090-1987-2452(代表 森)

info@de5ign-wow.com