広告をつくる3

2019年11月27日|水曜日|BLOG

「人生会議」という取り組みについての

啓発ポスターが話題になっています。

 

簡単にいうと、死ぬ前に自分の死に方や想いについて

親しい人に伝えておこう、という取り組みなのですが

啓発ポスターのアプローチが不謹慎だ、と。

 

…確かに、実際現場に貼りづらい気がします。

 

“どう生きるか”を必死にさまよっている方に対して、

「それより、その死に方、後悔しない?」

といってる様なものなので。

 

ただ、広告をかじっているものからすると、

ここにたどり着くのも、わからなくもないです…

特に日本では、

「死」についての議論ですら縁起が悪いとしてタブー視されがちな中、

「POP」なアプローチでブレイクスルーを狙うこと自体は、理解できます。

正攻法すぎると、それはそれで見向きもされないですし。

 

もちろん、日本のどまん中の組織がやっちゃったのは、あれですが…

 

高齢化の波がとめどなく押し寄せる中、

どう死ぬか、もとい、死ぬまでどう生きるか、

というテーマは避けては通れません。

 

葬儀業界もしかり。

 

広告の変化の一端を

予感させるニュースでした。

 

 

WOWS|岐阜のデザイン事務所「ワウズ」

〒502-0065
岐阜県岐阜市長良森町1-10 La・Sala 1D

090-1987-2452(代表 森)

info@de5ign-wow.com